福岡県嘉麻市 整体院 ぎっくり腰 ヘルニア 座骨神経痛 なつきの湯の整体院

 

 

 お問い合わせはこちらから

院長のブログ
備忘録(サプリ編)

40を超え物忘れが多くなりました。

わたしもサプリで体調を補足しながら生活しています。

つきましては、忘れないように 藤川先生(心療内科医)による

Facebook より教えていただいたサプリの摂り方の注意点を書き留めておきたいと思います。
安価とはいえ、摂り方によって効果をなさないのでは、
意味がないです。

①合成型ビタミンのほとんどは問題ない。天然型でないといけないのはAとEのみ。
②空腹時には亜鉛を服用しない(胃がムカムカすることがある)
③マグネシウムは空腹時が吸収が良い。おなかが下ることが少ない。酸化マグネシウムは
吸収率が悪いので避ける。クエン酸マグネシウムなどを選ぶ。
④FeとEは時間を空けて服用する。朝にE、夜にFeなど。
⑤夜遅くCoQ10を摂取することは避ける(不眠を引き起こすことがある)。
⑥夜遅くB50を飲むと元気が出すぎて不眠になることがある。
夜にナイアシンを飲むと熟睡できる。
⑦Feで便秘する場合Cを増量する。CはFeの吸収を促進し、
腸蠕動を亢進させる。
⑧睡眠を改善するサプリメントは以下
1、ナイアシン
2、L-トリプトファン
3、マグネシウム
4、コリン(レシチン)

※ナイアシンの1g~2gの寝る前の服用による睡眠改善作用は素晴らしい。
薬とは異なり、自然な睡眠がしっかりとれ、深くぐっすり眠ることができる
しかもビタミンであり安全。量が多すぎると朝寝坊してしまう。
※ビタミン類が功を為すには高たんぱく食が前提。
代謝酵素の主酵素はたんぱく質、補酵素がビタミン。特に女性では、
長期間の深刻なたんぱく質不足。
プロテイン20g(60cc)(ホエイ由来)が問題なく継続できるようにすることが先決。
吸収できないひとは5g(15cc)を朝晩の2回で開始して1から2か月程度継続すると
20gを朝晩の2回飲めるようになる。

みなさんも是非参考にされてください。
わからない点はいつでも相談ください。

サプリ販売などはしていません、ご自身で薬局やネットなどでお求めください。

ネットならばiHerb.comというサイトやアマゾンがおススメです。

なつきの湯の整体院