福岡県嘉麻市 整体院 ぎっくり腰 ヘルニア 座骨神経痛 なつきの湯の整体院

 

 

 お問い合わせはこちらから

院長のブログ
休日に国際センターに行きました(写真は嘉風)

こんばんわ、鉄なべの餃子を久しく食べていない先生ですが。

福岡に有名な鉄なべ餃子というものがありますが、

鉄といえば、からだにある鉄ですが、これの採血における健康指標が欧米と日本でずれてるのと、

うつから、パニック、だるさや 朝起きにくい 冷え など、あらゆる日本人特有の症状と

関連が深いと思ったので、シェアです。

鉄が不足すると貧血がふつうですが、貧血でなくても鉄不足ということがあるという事実です。

鉄は、補給が完成されてれば、生理や、がん出血、子宮や、胃腸性の潰瘍など(直接、血として出ていく要因)がない限りは、ほとんど外に排出されず、

リサイクルされてるそうです。

鉄はゆっくり減る感じで補給してもゆっくり増えるかんじとイメージしたらいいと思いますが、

鉄がからだに充満していないと、リサイクルの代謝がうまく回らないために、

さまざまな症状(貧血だけではない)が起こるのだと感じました。

 

そこを仮に掘り下げて、詳しくイメージすると、

正常であれば、

2個のプラスを帯びた第一鉄とポルフィリン化合物が結びついたり

分解されたり、同じく第一鉄とアポフェリチンが結びついたり離れたりを繰り返し

からだをリサイクル(循環)しているときの電気のやりとりに

補助的に何等かの電気信号的な神経伝達物質を円滑にする物質が動いているのではないかと

考えられ、鉄が不足すると、電気が生まれない為に、うつやパニックなどの

症状も出だすと考えると、からくりが一致します。

 

それだけではなく、だるさや、朝起きにくい、

さらに、痛みを敏感にさせたり、あざをつくりやすかったりと

コリや慢性痛にも関わりますから、からだを根本に改善するなら

鉄をチェックし、鉄に詳しくなり、鉄を完全に補給するしかないと思いますが、

鉄はからだに充満したら、出にくいので症状が治まったら、とるのをやめたほうがよさそうです。

もし、また、症状が出だしたら、先に述べた、なんらかの胃潰瘍など出血の原因が考えられるので、

その方面を考えたほうがよさそうなので、注意も必要です。

鉄をとるなら、吸収が早いヘム鉄がいいとのことですが、

個人差によって、便秘や、むかむか、下痢といった副作用もあるらしく、

鉄サプリもさまざまあり、食べ物からとる方法もありますので、

体質にあったいろいろなものを試されて、取りやすいものを3か月単位目安で

体調が改善するか しないかを 見ながらやると いいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

なつきの湯の整体院